上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とらねこさんが無事岐阜にレウス君を届けてくれました。

以下、とらねこさんからの報告より

とらねこです。皆様お疲れ様です。
レウス君、本日予定通り岐阜大学病院へ入院しました。
先日ひろさんが行った時点よりむしろ元気で(里親さん談)
医師指定の食事もバクバク、サプリメントもきちんと飲み、
サプリの所為か、背中のかぶれが少し目立つとのことで薬を塗られ、チョッキを着て
いましたが、
他は元気で、今回移動中は、初め2時間程鳴かれ、切なかったです。
途中ご飯(k/d)も食べました。
それ以後はうとうとしていました。

12時の予約で、11時半に着き、すぐに診察室に通され、
レウスのこの5日間の様子をお伝えし(里親さんより聞いていた)、
簡単なシャントの説明を受け(先日ひろさんが丁寧に説明を受けた)
同意書にサインし(術後の連絡先も私にしました)、
レウス君お預けとなりました。

レウスのシャントは肝臓外に伸びているため、
出ているところで閉じるので、
そう難しい手術では無い、
今回の手術費用としては25万~30万ほど、
手術は明日の午後、時間ははっきりしませんが夕方には終わる予定、
と説明を受けました。
レウスのシャントは肝臓内なので難しい、と思っていたので意外でしたが、
安心しました。

先生は優しげで、微笑んで話をされる方。
「皆さんで協力し合って運んでもらって、幸せな猫ちゃんですね。」
とおっしゃって下さいました。

当たり前のように、先生は
退院は様子を見て30日か31日で、
5時ごろまで引き取りに来てください、
私は30日はいないのですが、代わりの者に話をしておきます、
と言ってくださいました。
手術は順調に進み、元気に退院できるでしょう。

以上今日のレウスの報告です。

手術も術後もうまくいく!と信じます!


私もうまくいくと信じています。
そして、手術がうまくいき、発作が起こらないよう願うのみです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirorin27.blog55.fc2.com/tb.php/630-3a31651e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。